ドッグトレーナーのボーダーコリー子育て日記

ドッグトレーナーである管理人が相棒として迎えたボーダーコリーJuraの成長記録。いわゆる親バカ日記です。

お知らせ

このブログは2006年3月3日生まれのボーダーコリー(ブルー&ホワイト)の女の子Juraの成長記録です。家族の一員になった2006年4月24日~1年間の記録。
お時間のある方は古い順にどうぞ。

トイレトレーニングや社会化について見たい方は左のカテゴリー欄からどうぞ。
ブログ内の検索は左下の検索からどうぞ。
070427-0.jpg


★子犬のしつけ(トレーニング)に興味のある方は⇒⇒⇒こちらからどうぞ。

★子犬のトイレでお悩みならこちらのサイトへ⇒「子犬のトイレのしつけ方」

★ドッグトレーナーという仕事に興味にある方はこちら↓
DTC_banner.jpg


★このブログの続きは、「続Jura日記」にて更新中です!
130328-3.jpg
⇒続Jura日記へ


                              


誕生!

5人兄弟(オス2、メス3)の第4子として産まれる。360g。
無事に産まれてきてくれて、ありがとう。

子犬に会いに行く!

初めて子犬に会う。ブリーダーさんの所でオス2頭、メス1頭に会わせてもらう。
もともと女の子希望だったので、やはりメスが気になるがオシッコをしない為なかなかサークルから出してもらえず、しまいには「出して~出して~」とキャーキャー大騒ぎ。女の子がサークルから出してもらえないうちに男の子を抱っこしたり…でも気になるのはサークルの中の女の子。やっと出してもらえ、抱っこ。迷いはなかった。「この女の子にします」と言ってうちの子になることが決定。
この子の一生の責任を持った。
携帯で初めて撮ったJura


母親のキャロルちゃんがまた可愛い! キャロルちゃん似のかわいい子に成長してくれるといいのだが。帰りの電車の中では携帯で撮った写真を友人達に送り、「かわいい~」と言う返信に大満足。
自宅に戻って、名前を決める。スコットランドの島の名前からJuraを頂いた。
Jura島

島の人口よりも鹿が多いと言うとってものんびりしたJura島。2001年の夏に5日間程滞在したことがある。今思えばホテルのそばには、飼い主がどこにいるのか分からないボーダーコリーが1人でウロウロしていた。

初ワクチン

ブリーダーさんのところに獣医さんが来て初のワクチン接種。
24日(月)にお迎えに行くことに決定。母親から離すのが少し早めだが、ゴールデンウィークの渋滞の中の移動と私の仕事の都合を考え24日に。うちでのJuraの居場所のセッティング等迎え入れる準備を始める。

ついにやって来た! 生後53日目

ブリーダーさんの所まで車で片道約2時間。兄弟犬達4頭と共に出迎えてくれた。ブリーダーさんから嫁入り道具(?) のタオルやオモチャ、ワクチン証やフードなどを頂き、いよいよ初めてのドライブ。ちょっと長いが何とか頑張ってくれた。車が走り出すとキャーキャー、停まると静かにの繰り返しが40分程続いたが疲れて眠ってくれた。思っていたよりもすいていて帰りは1時間45分。最後にちょっとヨダレが出たけど、車酔いもせず無事到着。ブリーダーさんに頂いた注意書き通り、15分後にお水、吐いたりすることもなくまた15分以上あけてからお昼ご飯をあげた。スッゴイ食欲で一安心。あとはゆっくり寝てくれればと思っていたのも束の間、サークルから「出せ~出せ~」と大騒ぎが始まった。寝ている以外はキャーキャー&虐待でもしているかのような声で大騒ぎ。13日に初めて会った時から覚悟はしていたけど、初日から元気です。もちろん、この要求に対しては全て無視。耳がジンジン痛くなっても無視。トイレはブリーダーさんのところでタオルの上にしていたので、初シート。頂いたトイレ用のタオルの上にトイレシートを置いた。8割方OKだかベッドの上でもしてしまう。3.4kg。
060424-0.jpg
眠そうなJura

FC2Ad