ドッグトレーナーのボーダーコリー子育て日記

ドッグトレーナーである管理人が相棒として迎えたボーダーコリーJuraの成長記録。いわゆる親バカ日記です。

柴犬VSボーダーコリー 生後89日目

Juraはまだ先住犬のふく(柴犬13歳)に完全には認められていない。ふくにしてみれば、13年もひとりだったのに突然子犬が来てしまい「いつかいなくなると思っていたのに、まだいなくならない…そろそろ家族として考えないといけないのかなぁ」と言う感じだろう。Juraが来てからしばらくは完全無視だったのだが、最近はちょっとずつ接する時間が出来てきた。Juraはふくの気持ちなど全く知らないので、ただ遊びたい!「遊んで~遊んで~」と寄って行っては、「来るな!」と言われている。もちろん全くめげていない。最初は50cm以内に近付いたら怒っていたふくもしつこくアタックしない限り怒らなくなった。と言ってもまだ同じ部屋にいる時間は短いが。
2人が一緒にいる時間があるかどうかはふく次第。ふくがいたければいるし、一緒にいたくなければ違う部屋に行ってしまう。今日は結構付き合ってくれた。
060530-0.jpg
ようやく2人が一緒のフレームに納まる写真が撮れた。
この写真だけだと仲が良さそうだが、実際はまだまだ。
果たしていつふくはJuraのことを認めてくれるだろうか?
060530-1.jpg
網戸越しに庭のふくを見るJura
ふくの「来れるもんなら来てごら~ん」と言う声が聞こえてきそう
だんだんふくに近付いてきたJura 6.6kg ふく7.7kg


FC2Ad