ドッグトレーナーのボーダーコリー子育て日記

ドッグトレーナーである管理人が相棒として迎えたボーダーコリーJuraの成長記録。いわゆる親バカ日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撫でろ要求

Juraは誰にでもお腹を見せて撫でて~というタイプではない。初めて会う人にはちょっと控えめに寄って行きナデナデしてもらうと調子に乗ってすきあらば顔にアタックしようと試みるか、ちょっと撫でてもらったら、もうイイやと言うことも多い。結構薄情なタイプだ。ふく(柴犬13歳)は初めて会う人にはどちらかと言うと触っても欲しくないのでもっとヒドイ。もちろん噛んだり唸ったりはしないが、上手に手を避けようとする。結構気まずい感じだ。
ふくは家族にもずっと撫でられるというのは昔からあまり好きではない。ちょっとならいいけど、と言う感じだ。が、Juraは家族はもちろんよく知っている人に撫でられるのは大好きだ。最近はイスに座っている人の横に行き、人の手の下に上手に頭を入れてきて「撫でろ!」と言う。「お願い、撫でて!」みたいなカワイイ感じならまだしもJuraの場合には「撫でろ!」と言う感じ。ちょっとムカつくけど、カワイイ。すぐに撫でてやらずに必ずSitもしくはDownをさせてから撫でる。そのままJuraの言いなりにはなるもんか。
今日の破壊活動。
061111-0.jpg

本当に壊れるのはあっという間だ。
061111-1.jpg

ゴハンを待っている時の顔。いつも真剣だ。
061111-2.jpg
Juraは家に来てからまだ一度も食欲が落ちたことがない。
食い意地なら負けない。(誰に?)

ブログランキングに参加しています。
Juraへの応援クリックをお願いします!
banner_04.gif

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。